ビフィズス菌の基礎知識、知れば知るほど摂取の必要性を理解することができます

tyounosaikinncutnasi

腸内フローラの発見によって、昨今乳酸菌ビフィズス菌といった腸内細菌の働きや受容性に大きな注目が集まるようになりました。

最近では腸内環境を整える食品やサプリが数多く登場し、それらを利用して健康維持やダイエット、体質改善を図ろうとする人の人数も爆発的に増加しています。

善玉菌が腸内環境に良い事はもはや広く知られた一般常識になりつつあります。

しかし、腸内細菌についてしっかりと理解している人は果たしてどれくらいいるのでしょうか。

ここでは、腸内細菌の代表格であるビフィズス菌を詳しくご紹介いたしますので、ビフィズス菌を摂取することの重要性を再認識し、それに加えてビフィズス菌とはいったいどのような菌で、腸内でどのような効果を生みだすのかを理解していきましょう。

腸内細菌と私たちの健康との深い関係性

人間の腸内には、数百種類、数百兆個以上もの腸内細菌が住みついているといわれています。

私たち人間の健康に大きく貢献してくれる菌は一般的に善玉菌と呼ばれ、有害物質や腸内環境を悪化させる働きのある菌を悪玉菌、善玉菌でもなく悪玉菌でもない中間的な菌を日和見菌(中間菌)と呼んでいます。

その他にもまだ解明が進んでいない腸内細菌がひしめき合っているのが私たちの腸内です。

大切なのは腸内に生息しているそれらの菌のバランスであり、この腸内細菌のバランスが崩れることで大きな健康被害をもたらすことも、逆にバランスが保たれると健康になれることもわかっています。

腸内細菌の主な種類と働き

善玉菌

ビフィズス菌や乳酸菌など。

腸内を正常な状態にし、腸内環境を整えたり、消化吸収、排便をうながします。

日和見菌(中間菌)

バクテロイデス菌や非病原性大腸菌など。

消化吸収の促進や未消化物の分解を行うのが主な役目です。

腸内環境によって良い働きをしたり、逆に悪い働きをする場合もあります。

悪玉菌

ウエルッシュ菌や黄色ブドウ球菌など。

腸内を腐敗させ有害物質を排出し、健康に大きな悪影響を与えます。

 

このように、これから詳しく解説するビフィズス菌は、善玉菌のうちの一つとなっています。

健康な生活を送る上でビフィズス菌は善玉菌の中でも非常に重要な位置づけとなっているのです

ビフィズス菌と乳酸菌の違い

nyuusannkinnotokonoko

ビフィズス菌も乳酸菌も私たちの腸内で良い働きをする善玉菌の仲間ですが、ではビフィズス菌と乳酸菌はどのように違うのかをご存じでしょうか。

善玉菌として同じくくりの中に位置づけられていることが多い両者ですが、じつはこの2つの菌には非常に大きな異なる点がいくつもあります。

人の腸内での生息数

ビフィズス菌

人間の腸内に最も多く住んでいる腸内細菌で、1~10兆ものビフィズス菌が生息している。

乳酸菌

ビフィズス菌に比べて生息数は圧倒的に低く、ビフィズス菌の100分の1~10000分の1ほどしかいない。

主な代謝産物

ビフィズス菌

乳酸と酢酸を産出し、とくに酢酸は善玉菌としての役割も持つ。

乳酸菌

糖を分解して乳酸を作りだす。

酸素に対する性質

ビフィズス菌

変性嫌気性の菌で、酸素があると生育することができない。

乳酸菌

通気嫌気性で、酸素がある状態でも生育できる。

 

このように、乳酸菌と比較するとビフィズス菌は人の腸内という無酸素の状態が最も適した環境であり、生息数から見ても人の腸に非常に適している善玉菌です。

腸内での活動も乳酸菌よりもビフィズス菌の方が活発だといえます。

ビフィズス菌の腸内での働き

ビフィズス菌は腸内で酢酸や乳酸という有機酸を生成することができます。

特にビフィズス菌が生成する酢酸には、非常に強い殺菌力があり、腸内に存在する悪玉菌の増殖や活動を抑制、腸内環境を整え、体のさまざまな生理機能を向上させることができます。

他の酸性物質と比べてもビフィズス菌が生成する酢酸は非常に効果が高く、腸内という過酷な環境下においても効率よく働くことがわかっています。

ビフィズス菌は酢酸や乳酸以外の栄養素も作りだすことができる

ビフィズス菌には、葉酸をはじめとするビタミンB群を生産する能力もあります。

体に不足しがちなビタミンBを、体内で生産することができるビフィズス菌は、腸内環境だけでなく体全体のためにも非常に有効な菌なのです

ビフィズス菌は排出されてしまうためどんどん補うことが大切

このような素晴らしい働きをするビフィズス菌は、もともと私たち人間の腸内に生息している菌ですが、年齢とともにその生息数はどんどん減少していってしまいます。

また、摂取しても一定期間を過ぎると排出されてしまうため、どんどん補っていく必要があるのです。

そこで、おススメなのはビフィズス菌をサプリでしっかりと補うという方法です。

サプリタイプであれば、一度に大量のビフィズス菌を補うこともできますし、継続して摂取ことが重要なビフィズス菌を続けていくうえでも非常に魅力的です。

ビフィズス菌はぜひサプリを利用して、長く続けて摂取するようにしましょう。

まとめ

私たちの健康や生命を維持するうえで、腸内環境を健康に保つことは最も重要なポイントとなります。

そしてその腸内の環境を整備していくうえで、ビフィズス菌は欠かすことのできない腸内細菌です。

ビフィズス菌をしっかりと摂取していくことは、健康的にイキイキとした日々を送る上で必要不可欠な事なのです。

自分の体のため、将来の健康のため、ビフィズス菌サプリを活用していつまでも健康な腸を保つことができるようにしましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です