日和見菌とは?腸内細菌の中でも最も多い日和見菌はどんな菌?

tyounaikankyou

私たち人間の腸内細菌には、善玉菌でもなく悪玉菌でもない「日和見菌」という中間的な菌があります。

この日和見菌は、善玉菌や悪玉菌の割合よりもはるかに多く、多数派を占める腸内細菌です。

悪玉菌の働きの同調するという傾向がある日和見菌についてまとめました。

日和見菌の主な特徴は?

腸内フローラの形成に大きく関係しています

日和見菌は、腸内細菌の中でも非常に多数派を占め、腸内フローラ形成に大きく関係しているといえる菌です。

悪玉菌の影響を大きく受ける腸内細菌です

日和見菌は、善玉菌が優勢の時には体に害を及ぼすような活動はしません。

日和見菌の中には、善玉菌の活動を支える種類のものもあり、腸内細菌の種類の中でも体に必要不可欠であるものも存在します。

しかし、腸内環境が悪玉菌優勢になると、悪玉菌に傾くという傾向があり、悪玉菌優位の腸内環境においては悪玉菌の味方となってしまう特徴があります。

腸内フローラの状態によっては、日和見菌感染という可能性もあります

腸内フローラのバランスが崩れ、悪玉菌に腸内が侵されている状態になると、日和見菌が悪さをするようになります。

健全な腸内では無害である日和見菌も、腸内の環境が崩れることによって、日和見菌による感染症を起こす危険性もあります。

代表的な日和見菌の種類とは?日和見菌が病原体となる種類

zendamaakudama

嫌気性連鎖球菌

球菌が連鎖状に配列されたもので、人間や動物の口内、腸内に存在している菌です。

種類も非常に豊富で、誰もが持っているといってもよい菌だといえるでしょう。

健康な人や動物にとっては、全く無害ですが、体の免疫力が低下していたり、体調が思わしくない時などは悪さをすることが多い菌となります。

また、化膿連鎖球菌などのような病原菌の種類も存在しています。

ユウバクテリウム

成人の腸内フローラを形成する主な日和見菌です。

成長するとともに増殖し、その割合を増やしていくという特徴があります。

バクテロイデス

ユウバクテリウム同様、人間の腸内フローラを形成している代表的な日和見菌だといえます。

健康な人の体内では無害ですが、悪玉菌が優位の状態の腸内においては、悪玉菌と似たような活動をし、有害物質を生成するという特徴があります。

日和見菌を無害の状態にしておくためにするべきこととは?日和見菌を悪玉菌にしないためにすべきこと

乳酸菌サプリを活用する

日和見菌は、悪玉菌優位の腸内環境においてのみ、悪玉菌に加担するという特徴があります。

そのため、普段から乳酸菌サプリで確実に乳酸菌を摂取し、腸内環境を善玉菌優位の状態にして置くことが必要です。

乳酸菌サプリは、善玉菌の活動を支えるうえで、効率よく確実に、そして手軽に乳酸菌を摂取できるベストアイテムだといえるでしょう。

毎日継続して摂取することが望ましい乳酸菌、サプリという形で継続することによって、常に腸内環境を整え、腸内フローラの状態を善玉菌で満たしておく必要があるのです。

nyuusannkinnrank

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です