日本人の腸と相性抜群、植物性乳酸菌ラブレで乳酸菌を摂ろう

s-labre

昨今非常に注目されている乳酸菌、そんな乳酸菌の中でも消化液や熱に強いのが植物性乳酸菌です。

そんな植物性乳酸菌の中でも、代表格ともいえるのが植物性乳酸菌ラブレ菌です。

>>植物性乳酸菌ラブレの公式サイトはこちら

京都で生まれた乳酸菌ラブレとは?

植物性乳酸菌ラブレは、日本の京都で発見されました。大きな可能性を秘めた植物性乳酸菌で、今大きな注目を集めています。

京都の漬物「すぐき」から見つかった乳酸菌

植物性乳酸菌は、古来より京都に伝えられてきた漬物である「すぐき」から発見されました。

古くから日本人に食べられてきた漬物の乳酸菌のため、日本人の腸内環境と非常に相性が良い乳酸菌です。

植物性乳酸菌は動物性乳酸菌よりも生命力が強い

乳酸菌には大きく分けて2種類あり、動物性乳酸菌と植物性乳酸菌があります。

動物性乳酸菌

主に乳製品などの栄養価の高い環境下で育つため、環境の変化に弱いという弱点があります。

人間の体内に入ったとき胃酸や胆汁酸などの消化液、熱に弱く、そういった環境下におかれると死滅してしまうことが多いです。

植物性乳酸菌

塩分や酸などの環境下の状態でも生き抜く事ができる強さを持っています。

植物性乳酸菌ラブレも漬物から発見されるという、塩分、酸にさらされた環境下でも生きる強さがある植物性乳酸菌です。

消化や熱に負けずに生きたまま腸に届き、腸内環境に大きく貢献します。

植物性乳酸菌ラブレは高密度発酵製法

植物性乳酸菌ラブレの製法は、高密度発酵で、ラブレ菌だけを濃縮させるという方法を採用しています。

雑味の無いスッキリとした味を実現

植物性乳酸菌ラブレはラブレ菌のみを高密度で発酵させています。これまでの乳酸菌培養では、培養後に雑味が生じてしまっていました。

この雑味を取り除くために乳酸菌発酵を高濃度で行い、スッキリとした乳酸菌本来の味を楽しむ事ができるようになりました。

製法を変えることによって賞味期限の延長も実現

植物性乳酸菌ラブレの製法を高密度発酵製法に変えることによって、さらに乳酸菌の耐低温、耐酸性を強化、29日間もの賞味期限を実現しました。

年齢とともに減少する乳酸菌、植物性乳酸菌を補う重要性

年齢とともに腸内の善玉菌、乳酸菌の割合は減少していってしまいます。

年齢を重ねても快調な毎日を送るためには、減少していく乳酸菌を補い、善玉菌の働きを保つことが重要です。

日本人の腸には植物性乳酸菌ラブレが相性抜群

近年の食生活の欧米化、劇的な食事内容の変化によって、日本人の腸になじみ深い植物性乳酸菌の摂取量は減少の一途をたどっています。

本来日本人が摂取してきていた植物性乳酸菌、しっかりと摂取するためにぜひ植物性乳酸菌ラブレを活用していきましょう。

動物性乳酸菌にはない力強いパワーを持った植物性乳酸菌、ラブレは今までもこれからもずっと日本人のお腹の健康、そして体の健康を守り続けていくことができます。

あなたもぜひ植物性乳酸菌ラブレで、いつまでも健やかな毎日を支えることができる腸内環境を手に入れましょう。

>>植物性乳酸菌ラブレの公式サイトはこちら

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です