乳酸菌は赤ら顔を改善できる!乳酸菌サプリで赤ら顔にサヨナラしよう

赤ら顔は、別名「酒さ」とも呼ばれている皮膚疾患で、体内環境の乱れや精神的ダメージ、紫外線などが主な原因と言われています。

特に欧米化しつつある乱れた食生活が大きな原因ともされ、脂質の多い食事や添加物などの過剰摂取によるところも大きな要因となっています。

そこで、赤ら顔を改善するために必要なのが、体内の環境の整備です

体内の環境を正常化し、体調を整えることでストレスにも紫外線などの外部刺激にも強い体を作りだし、老廃物や添加物などの有害物質をすみやかに体外へと排出する代謝もアップすることが重要です。

そこでカギを握るのが、腸内環境、腸内に生息する乳酸菌の数や活動といえるでしょう。

赤ら顔を改善するためには、まず腸内環境を乳酸菌で整える必要があるのです。

乳酸菌サプリが注目されているわけとは?腸内環境を良好に保つ重要性は?

乳酸菌が赤ら顔の改善にどのような効果を発揮するのか、どのような乳酸菌を選べばよいのか、乳酸菌サプリの選び方などをご紹介します。

赤ら顔とはどのような症状?

赤ら顔は、鼻を中心として周辺の頬、額などの血管が拡張して肌が赤くなるという症状です。

アトピーやニキビなどと区別がつきにくく、赤ら顔とは判断されないという場合も多くあるのが現実です。

ニキビ用のスキンケアやアトピーの治療を行っていても改善しない場合、赤ら顔の可能性が高いといえるでしょう。

赤ら顔の主な症状

  • 頬、鼻、あごなどの赤みがずっと消えない
  • 鼻を中心にしてニキビ状の発疹が顔に広がっている
  • 顔がほてっている感じがする
  • ちょっとしたことでもすぐにひりひりしたりピリピリしたりする
  • 顔が常にかゆい
  • 紫外線や温度差で痒みや発疹が酷くなる

赤ら顔に効果のある乳酸菌は?

itiouakaragao

上記のような症状を伴う赤ら顔は、放置していることでより深刻な状況になってしまうことも珍しくありません。

皮膚科などでの治療はステロイドを中心とした治療になるため、肌や体の大きな負担をかけることになります。

そこで、おすすめなのが乳酸菌を使った赤ら顔対策です。

赤ら顔に効果のある乳酸菌を継続摂取することで、赤ら顔の原因である体内環境の乱れ、腸内環境の正常化を図り、赤ら顔を大幅に改善していくことができます。

ここからは、赤ら顔に特に効果のある乳酸菌をご紹介しますから、以下のような乳酸菌を配合している乳酸菌サプリを選ぶようにしましょう。

乳酸菌抽出物LFK

人間の体内に存在する乳酸菌であるフェカリス菌、その中の一つにフェカリス菌FK-23という乳酸菌があります。

腸内環境を整えるのはもちろんの事、免疫機能の要ともいえる白血球の機能を向上させることができる効果があります。

また、毒素を無毒化するのに重要な肝機能を向上させるという働きもあり、免疫機能を大幅にアップすることで赤ら顔を改善することができる乳酸菌です。

この優秀な乳酸菌であるFK-23を酵素溶解すると乳酸菌抽出物LFKになります。

LFKになる事によって、ビタミンやミネラルなどの菌を構成する菌体を効率よく体に摂取させることができるようになります。

赤ら顔に悩む患者にLFKを摂取させる研究結果においても、副作用無しで赤ら顔を効果的に改善させることができたという結果が出ています。

赤ら顔の治療として画期的な乳酸菌として大きな注目を集めています。

ラブレ菌

日本人の食生活は植物性乳酸菌を多く摂取する機会に富んでいます。昔から日本人が食べてきた漬物には、とくに植物性乳酸菌が豊富で、日本人の腸にも非常に相性が良いのが植物性乳酸菌だといえます。

そんな植物性乳酸菌を多く含む漬物の中でも、京都の漬物である「すぐき」から発見されたのがこのラブレ菌です。

腸内で生き抜く力に特に優れ、生きたまま腸に到達し、そして長く腸内で活動することができます。

ラブレ菌に含まれる有機酸が腸管の働きを活性化、栄養分の吸収の強化、促進を図るとともに、肝臓の解毒作用を促進させます。

腸内の環境も整え、免疫力が向上することで、食生活が大きな原因とされる赤ら顔や、ストレスや環境にも強い体作りを応援します。

ビフィズス菌

腸内で乳酸や酢酸という有機物を生産する能力に優れているビフィズス菌は、悪玉菌の増殖を強力に抑制することができます。

ビフィズス菌が作りだす酢酸には非常に強力な殺菌作用があるとともに、腸内の粘膜を保護するという役割があります。

腸内環境を整える効果が非常に高く、体の免疫機能において非常に重要な腸内を整備し、発疹や肌荒れなどを予防、赤ら顔を改善する大きなサポートをします。

また、血中脂質改善機能もあり、血管を守る働きがあるため、血管拡張が原因となる赤ら顔も大幅に軽減することができます。

エンテロコッカス・フェシウムJLG01株

エンテロコッカス・フェシウムという乳酸菌は、胃酸など人間の体内の消化液に非常に強く、さらに腸内で高い整腸作用が認められている乳酸菌です。

腸内環境の乱れが大きな原因である赤ら顔に悩むのであれば、ぜひ摂取しておきたい乳酸菌だといえるでしょう。

腸内環境全般に広く役割を果たすだけでなく、他の乳酸菌と組み合わせることで相乗効果を生みだすという大きなメリットもあります。

ラクトバチルス・カゼイ

生きたまま腸に到達する確率が非常に高い乳酸菌として知られています。

また、生きたまま腸に届くことができると、腸内で糖を分解して乳酸を作りだし、腸内を酸性に傾けることができます。腸内が酸性になる事で、善玉菌が生存しやすい腸内になり、腸内環境がすみやかに整うという効果があります。

特に吹き出物や肌トラブル、赤ら顔のような肌疾患には非常に有効とされる乳酸菌で、肌環境を整備して赤ら顔を治療する効果が高いとして注目されています。

まとめ

このように、赤ら顔の改善には乳酸菌の摂取が非常に効果的で、乳酸菌摂取が赤ら顔知慮に向けての第一段階だといえます。

赤ら顔に悩んでいたら、まずは日々乳酸菌サプリで効率よく乳酸菌を摂取して体の中から環境を整えてみましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です