乳酸菌サプリでアトピー改善、そのメカニズムと効果

4fdd9caab9595b38c2789af54015dbc8_s

乳酸菌の免疫機能正常化効果が明らかになり、アトピー性皮膚炎などに効果があるということがわかっています。

一定期間以上乳酸菌を摂取するとアトピーが改善するという効果を出すためには、乳酸菌を摂りつづける必要があります。

この乳酸菌摂取を継続するということは、思った以上に困難で、食生活のバランスや経済的負担も大きなものとなります。

しかし、乳酸菌サプリを利用した乳酸菌摂取であれば、お財布にも優しく、続けやすい、そして確実に乳酸菌を大量に摂取することができ、よりアトピー改善に大きな効果を生む事ができるようになります。

乳酸菌サプリでどうしてアトピーが改善するのか

人間の体に備わっている免疫機能のうち、約6割は腸内にあるといわれています。

免疫機能の異常であるアトピーは、この体内の免疫機能を正常化することによって改善するというわけです。

そして体内の半分以上の免疫機能が集中している腸内環境を整えることは、すなわちアトピーが改善するということにおいても重要な役割を果たすことは言うまでもありません。

アトピー性皮膚炎になるメカニズムを知ろう

昨今、アトピー性皮膚炎は子供だけでなく、大人でも悩んでいる人が非常に多い免疫機能系の疾患です。

もともと人間の体に備わっている免疫機能が異常をきたすことによってアトピーを発症するのですが、いったいどのようなメカニズムになっているのでしょうか。

IgE抗体を過剰に作りだしてしまう

白血球内に存在しているリンパ球に免疫細胞があり、その役割は多種多様、さまざまな役割がそれぞれにあります。

NK細胞と呼ばれているナチュラルキラー細胞や、キラーT細胞、その他にもB細胞などがあり、外敵や異物が侵入してきたときに攻撃するという役割を持っています。

そしてそれらを退治した後で、再びその脅威が侵入してきたときに、より早急に対処できるように抗体を作って準備をして置きます。

これがIgE抗体です。この抗体を過剰に作りだしてしまうことで体の免疫機能が異常反応し、アトピーの原因となってしまうのです。

Th1細胞とTh2細胞のバランスが崩れる

さらに、アトピー性皮膚炎のようなアレルギー反応を起こす免疫細胞として、Th1細胞とTh2細胞と言うものがあります。

普段は免疫細胞として体を守るという役割を持っていますが、この2つの細胞のバランスが崩れることでアレルギー症状を進行させてしまうことがあります。

  • Th1細胞・・・アレルギー反応を抑制する働きを持つ
  • Th2細胞・・・アレルギー反応を促進する働きを持つ

乳酸菌サプリがアトピー性皮膚炎を改善したり緩和したりする仕組み

乳酸菌サプリを続ける事によって、腸内環境が善玉菌優勢の状態になると、悪玉菌が有害物質を排出するのを抑え、さらに排出された有害物質を吸収しないようにする、体外へと排出する働きが優れるようになります。

アトピー性皮膚炎の患者は腸壁のバリア機能がもろい

アトピー性皮膚炎の人の多くは、腸壁のもともとあるバリア機能が非常に弱いという特徴があります。このような状態では、老廃物に影響を受けやすく、腸内の状態を改善することが、アトピー改善にも大きく前進を図ることができるのです。

乳酸菌サプリに含まれている乳酸菌は、腸内の状態を良好にして、腸壁の修復という役割も同時に果たします。

腸壁のバリア機能を、乳酸菌サプリに含まれる乳酸菌が良い状態にしてくれるのです。

また、腸内環境が正常化することによって免疫機能も向上した腸内では、免疫力がアップしているだけでなく、免疫機能が正常化し、免疫系の疾患であるアトピーの状態が改善することが期待できます。

すでに発症しているアトピーだけでなく、これから発症するアトピー予防効果も!摂取したい乳酸菌の種類

乳酸菌サプリでつねに腸内の状態を健康にしておくことで、今現在悩んでいるアトピーを改善するだけでなく、これから発症するアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を予防することにもつながります。

また、妊娠中に乳酸菌サプリを利用することで、出産後の子どものアトピーの可能性も大幅に下げることができるとの研究結果も出ています。

健康的な生活を支え、アトピーなどのアレルギー症状にも一定の効果を出すことができる乳酸菌、自分や家族の健康のためにも、ぜひアトピー性皮膚炎に効果のある乳酸菌を知って、乳酸菌が足りている毎日を送りましょう。

L-92乳酸菌

アトピー性皮膚炎を患っている小児に対して、L-92乳酸菌を含む食品を摂取したグループと、そうでないグループに分けてその効果を研究したところ、このL-92乳酸菌は、摂取したグループの皮膚の状態を大幅に改善したという結果が出ています。

乳酸菌KW3110

マウスによる実験結果では、IgE抗体の増加を抑制したという結果が出ています。

またそれと同時にTh1細胞とTh2細胞のバランスも整って、よりアレルギー症状を抑えることができたという結果が出ています。

植物性ラクトバチルス乳酸菌

花粉症やアトピー性皮膚炎などのアレルギー症状を抑制する働きが確認されている乳酸菌です。

特にアトピー性皮膚炎には非常に高い効果を発揮したという結果も出ており、また、生息する環境が厳しくても生き延びるという強さを持っていて、生きて腸まで届くという特性も非常に大きな利点となります。

まとめ

アトピー性皮膚炎は、現代人の多くが悩む疾患ではありますが、昨今の乳酸菌の効果が解明されるにつれて、効果的な摂取方法の研究なども進んでいます。

アトピー性皮膚炎に悩んでいるのであれば、ぜひ乳酸菌サプリの効果をご自身の体でも体験してみてください。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です