乳酸菌サプリでカンジダ予防、そのメカニズムとは?

Candida

乳酸菌サプリといえば、腸内細菌のバランスを良好に保ったり、善玉菌を増やすという働きが良く知られています。

実は、乳酸菌サプリで腸内環境が善玉菌優位になると、カンジダなどの予防にも大きな効果があるというのをご存じでしょうか?

健康維持だけでなく、予防医学という点においても乳酸菌サプリは非常に効果他の高い健康方法だといえるのです。

では、乳酸菌サプリでカンジダが予防できるメカニズムをご紹介しましょう。

乳酸菌サプリが女性のカラダにできること

乳酸菌サプリは、女性のデリケートゾーンに潜んでいるカンジダ菌の繁殖や活動を抑制する働きがあります。

そもそもカンジダとは?

カンジダとは真菌というカビのなかまです。

女性のデリケートゾーンに常在する、いわゆる常在菌で、ほとんどの女性はカンジダを持っているといわれています。

ふつう、皮膚や粘膜、消化器管内に善玉菌である乳酸菌と一緒に生息していることが多い菌です。

どうして常在菌であるカンジダが悪さをするようになるのか?

ではどうして常在菌であるカンジダが悪さをするようになるのでしょうか。

通常、健康な人の腸内細菌の割合は、善玉菌優位であることが多く、善玉菌が優位であるという状態が日常の腸内環境だといえます。

善玉菌が常に優位に立つことによって、カンジダをはじめとする雑菌の繁殖を抑制し、女性のデリケートゾーンを良好な状態に保っているのです。

しかし、この腸内環境が悪玉菌優位になると、カンジダの繁殖や活動を抑えることができなくなり、カンジダを発症してしまいます。

女性はとくに、乳酸菌サプリを使って、つねに腸内を善玉菌優位にして置くことが重要だということです。

カンジダを発症するとどのような症状に悩まされることになるのか?

では、腸内環境が悪玉菌優位になり、カンジダの症状が出るとどうなるのでしょうか。

カンジダは、激しいかゆみ、濁った強いにおいのするオリモノといった症状が主な症状で、一度発症すると再発してしまうという厄介なものです。

そして女性の2割もが、このカンジダに悩んでいるという統計も出ています。

治すためには、婦人科を受診しなければならず、妊娠や出産にも大きく関わってくる厄介な菌だといえるでしょう。

普段から乳酸菌サプリを活用し、腸内環境を善玉菌優位にして置くことは、女性にとって快適な生活を送るための必要条件だといえるのです。

ホルモンの影響を受けやすい乳酸菌、乳酸菌サプリで数と働きを補うことが大切

女性は、男性に比べると、排卵や生理、妊娠出産などでホルモンが乱れる機会が非常に多くなります。

乳酸菌は体内のホルモンバランスの影響を非常に受けやすく、腸内環境はストレスやホルモンバランスですぐに崩れてしまうという難点があります。

そこで、女性は特に、乳酸菌サプリで乳酸菌を補い、生活環境やストレス、そしてホルモンの状態などに左右されないような、しっかりとした腸内環境を作っておく必要があります。

腸内環境の乱れは、直接的なカンジダの原因となってしまいますから、ホルモンバランスが崩れそうな体内の状態でも、ストレスや環境が変わるような時にも、カンジダ菌の活動を許さないような腸内環境を作っておきましょう。

そのためには、やはり普段から継続しての乳酸菌サプリの活用が重要です。

女性として常に輝いているため、乳酸菌サプリで免疫強化を図っておきましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です