乳酸菌で下痢の症状を改善、乳酸菌が腸に及ぼす良い影響とは?

お腹がゆるくなったり、下痢をした時に、市販の整腸剤を購入したり、病院で整腸薬をもらって服用した経験がありませんか?

実は、これらの整腸剤や整腸薬には、多くの場合乳酸菌が配合されています。

つまり、下痢の症状を改善するために必要としているのは、乳酸菌だということがお分かりいただけるのではないでしょうか。

乳酸菌で下痢を改善できるメカニズムをご紹介します。

下痢をする主な原因

まずは、どうして下痢をしてしまうのかを知る必要があります。

下痢をしてしまう主な原因として多いのが、腸内の悪玉菌の増加です。

下痢をしているのに乳酸菌を摂取しても大丈夫?

下痢をした時に乳酸菌を摂取すると、下痢が酷くなるという人もいます。

こういった症状があると、乳酸菌を摂取するのが怖くなってしまい、途中で乳酸菌摂取をやめてしまうという人も見かけますが、実は、これは体が急激な変化についていっていないという症状です。

下痢をしている時は、悪玉菌が大幅に優勢な状態にありますが、そこに善玉菌である乳酸菌が大量に投入されることによって、大きな変化に敏感に反応しているという事なのです。

むしろ、乳酸菌摂取で善玉菌が活躍することができる環境ができつつあり、乳酸菌や善玉菌が悪玉菌と戦っているからこそ起こる症状だといえるでしょう。

下痢は乳酸菌を摂取していくうちに改善していく

悪玉菌が優勢な状態から、善玉菌が優勢の状態に回復するまで、すこしの間下痢の症状は続くという場合もあります。

乳酸菌が悪玉菌を排除し、腸内環境が整ってくると、次第に下痢の症状は治まってきますから、ぜひ継続して乳酸菌を摂取してください。

ヨーグルトなどの乳酸菌をふくむ食べ物はお腹を冷やしてしまう可能性も

geri

乳酸菌が下痢に効果的だということは事実ですが、下痢をしている時にヨーグルトなどの乳酸菌を含む食べ物を大量に摂取するのは困難でしょう。

お腹を冷やしてしまい、消化吸収力の弱まっている胃腸にとっては逆に負担となってしまいます。

乳酸菌サプリなら胃腸に負担をかけずに乳酸菌を摂取できる

下痢をしている時の乳酸菌摂取で大活躍するのが、乳酸菌を含むサプリです。

乳酸菌サプリであれば、ヨーグルトのように冷たい食べ物でお腹を冷やして下痢を進行させてしまうこともありません。

また、消化や吸収という面において胃腸に負担をかけることなく乳酸菌を摂取することができます。

普段から乳酸菌サプリを摂取することで、より下痢をしにくい腸内環境を作る

下痢をしやすい人や、お腹がゆるめの人は、普段から乳酸菌サプリを摂取しておくことをおススメします。

継続的に乳酸菌サプリを活用することで、常に腸内環境を正常に保ち、善玉菌優位の状態にしておくようにしましょう。

下痢を起こす原因菌である悪玉菌の繁殖を抑制するとともに、下痢をしにくい強い腸内環境を作っておくことができます。

まとめ

乳酸菌サプリは、たくさんの健康効果とともに、日常生活や仕事に支障をきたす下痢にも大きな効果を発揮することができます。

お腹の健康のために、ぜひ乳酸菌サプリをかしこく使いましょう。

nyuusannkinnrank

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です