乳酸菌で高血糖を予防、乳酸菌には血糖値を下げる働きがある

00950732826b2998a36a572c400bd393_s

血糖値が高い状態、つまり高血糖の状態が長く続くと、深刻な健康被害を及ぼす原因になる事は広く知られています。

血糖値を下げる働きがある成分がいくつも登場し、血糖値の上昇を抑えるという健康法はポピュラーになりつつありますが、その方法の中でも、特に乳酸菌の働きを用いて血糖値を下げるという事に大きな注目が集まっています。

乳酸菌を摂取することによってできる血糖値の降下、いったいどのようなメカニズムなのでしょうか。

血糖値が上昇してしまうメカニズムは?血糖値はどのような時に上昇するのでしょうか

私たち人間の体は、日常生活の中においては、血糖値が上昇したり下降したりという事を繰り返しています。

特に血糖値が上昇しやすいのは、食事の後となります。食事をすると血糖値が上昇し、食事を摂らないでいると血糖値は上がりません。

しかし、肥満による体内脂肪の増加、ブドウ糖などの急激な大量摂取などがある場合、血液中のブドウ糖の量を調節するインスリンという物質の分泌異常をきたします。

インスリンが働かなくなると血糖値のコントロールが難しくなり、血糖値が高い状態が継続してしまうのです。

高血糖の主な原因とは?高血糖が疑われるチェックポイント

  1. 肥満
  2. 食生活が大幅に乱れている、外食が多い
  3. 運動不足、意識して体を動かすことがない

この3つのチェックポイントのうち、一つでも該当するものがあれば、一度高血糖になっていないかの血糖値チェックを行ってみると良いでしょう。

乳酸菌で急激な血糖値の上昇を予防、高血糖の改善にも大きな効果

このように、じわじわと気が付かないうちに進行してしまう高血糖、予防するために今注目を集めているのが、乳酸菌による血糖値上昇抑制です。

では、どうして乳酸菌を摂取することによって、血糖値の上昇を抑えることができるのでしょうか。

腸内環境を正常化しブドウ糖吸収、分解の効率を良くする

悪玉菌が優位の状態の腸内は、消化や吸収の機能が上手く働かなくなっています。

ブドウ糖が摂取されても消化吸収、分解を上手くできないままになってしまいます。

それによって、糖が分解吸収されにくい形のままとなり血糖値の上昇を招いてしまうのです。

乳酸菌は腸内の活動を活発にし、消化吸収、そして分解能力を向上させることによって血糖値の急激な上昇を防ぐことができるのです。

乳酸菌が作りだす多糖の効果

乳酸菌が作りだす多糖という成分には独特の粘りがあります。

この粘りは、納豆やオクラなどのねばねば成分と同様に、コレステロールに吸着して体外への排出を助けるという食物繊維のような役割があります。

血中コレステロールが減少すると血糖値を下げたり、脂肪を減らしたりすることができるので、乳酸菌は非常に高血糖に効果があるのです。

乳酸菌が作りだす乳酸の効果

乳酸菌は、体内で乳酸という物質を生成します。

この乳酸という物質は、腸の蠕動運動を活発にするという役割があり、腸の内容物をすみやかに体外へと排出する、いわゆるデトックス効果があります。

腸内に余計な老廃物や不要物を溜めないことで、有害物質を吸収してしまうことを防ぎ、体全体の循環を良くします。

体の代謝が向上することによって、すみやかに血液中の糖分を細胞に取り込ませ、血糖値を低下させることにつなげます。

血糖値を下げる効果の期待できる乳酸菌の種類は?

では、血糖値を下げ、高血糖を予防することができる乳酸菌とは、どのような乳酸菌なのでしょうか。

G9-1乳酸菌

血糖値の上昇を抑える効果のある乳酸菌です。血糖値上昇を防ぐ効果と同時に、コレステロール値を減少させる効果も確認されていて、非常に健康に良い乳酸菌です。

また、昨今では花粉症対策としても効果の期待できるとして、注目を集めています。

植物性乳酸菌YU(YU)

生きたまま腸にまで到達することができる乳酸菌です。

期待できる効果は、免疫力アップや体の機能向上です。体内にある機能を向上させ、インスリン分泌を正常化する働きがあります。

ビフィズス菌SP(SBT2928)

生きたまま腸に届く強さを持った乳酸菌で、コレステロール値減少、血糖値上昇抑制、さらに大腸に定着する特徴があるため、生活習慣病全般に非常に効果がある乳酸菌です。

また、大腸の環境を正常化し、お通じを良くする働きも非常に高い乳酸菌として注目を集めています。

クレモリスFC

このクレモリスFCは、カスピ海ヨーグルトを作るサイに利用する乳酸菌として有名な乳酸菌です。

独特の粘りのある多糖を作りだし、その粘り成分は人の消化機能では消化することができない成分であるため、整腸作用、便秘解消、また腸内のコレステロールなどを強力に吸着して排出させるなどの効果があります。

生きて腸にまで届くため、血糖値の上昇を抑える、コレステロールを下げるほかにも、免疫力の向上、アトピーの改善、肌荒れの改善などの効果にも優れています。

まとめ

血糖値が高い状態は、やがて糖尿病や脳梗塞、心筋梗塞といった重篤な病気を引き起こす引き金となってしまいます。

血糖値のコントロールをするために、ぜひ副作用のない乳酸菌で健康な体作りをしてみましょう。

乳酸菌はたくさんの種類があり、その効果はそれぞれによって少しずつ違ってきます。

最近では、自分の体に合わせて乳酸菌の種類を選ぶことができる、乳酸菌サプリを利用しての乳酸菌摂取が一般的になっています。

健康な体は、血糖値のコントロールから始まります。

乳酸菌サプリで血糖値をうまくコントロールして、いつまでも健康な体を維持するように努力しましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です