高血圧には乳酸菌!腸内の乳酸菌を増やして血圧を正常化、高血圧を防ぐ方法

ketuatutyekku

全身に張り巡らされている血管。この血管に不具合が起こることでさまざまな病気の引き金となってしまうことは広く認識されています。

その中でも「サイレントキラー」とも呼ばれる高血圧は、血管に大きな負担をかけるもとであり、血管にまつわる病気のシグナルとなります。

高血圧をいかにして防ぐか、これが現代人の多くが解決していかなければならない病気の原因となっているのです。

そこでおススメしたいのが高血圧を予防して正常な血圧にすることができる方法として、さらに他にも多くの健康効果をもたらす乳酸菌の摂取です。

乳酸菌を摂取することで血圧を下げる事ができ、さらに薬物療法のような副作用の心配もない、理想的な血圧の正常化が実現します

高血圧予防と乳酸菌が果たす大きな役割をこれからご紹介していきます。

高血圧とは?高血圧を理解しよう

血圧の上下差ではじき出される脈圧、収縮期の血圧(上)と拡張期の血圧(下)の数値の差で体内の血管の状態がどうなっているかをはかるのが血圧の目的です。

血圧が高いと

血圧が高い状態、つまり高血圧の状態は、心不全や心筋梗塞、狭心症などの心臓の病気のリスクが高くなるということを表しています。

さらに脳も同じように脳梗塞などを発症する危険性が高まります。

血圧が高くなる原因は

現代人の生活において、血圧が高くなる原因は非常に多岐にわたって存在していますが、その中でも特に高血圧になりやすいとされる原因があります。

塩分の過剰摂取

塩分の取りすぎによって血中の塩分濃度が高まると、血液中の塩分濃度を調節するために血液量が増大し、高血圧となります。

ストレス

ストレスがかかるとアドレナリン、ノルアドレナリン、コルチゾールという、いわゆる血流をアップさせる闘争ホルモンと呼ばれるホルモンが過剰に分泌されるようになります。

ストレスから体を守るためにこれらのストレスホルモンが血管を収縮させ血圧が高くなります。

喫煙

タバコにはニコチンが含まれている事は広く知られていますが、このニコチンには強い血管収縮作用があり、すぐに血圧を上げる働きがあります。

また、タバコに含まれている一酸化炭素は血中のヘモグロビンと結びつく力が強く、それによって酸欠状態に陥ります。

酸素が不足している状況を回避するために血圧を上昇させるということにつながります。

タバコには活性酸素も含まれていて、血管を老化させたり、プラークを作りだしやすくなります。その結果血管が固くなり高血圧を招きます。

睡眠不足

睡眠が不足したり、入眠にかかる時間が長くなるほど高血圧のリスクが高いことがわかっています。

血圧が高いことでさらに良質な睡眠が取りにくくなるという負のサイクルにも陥りやすく、血圧を下げることは、全身の健康維持にも重要なカギとなる睡眠の質を上げることにもつながります。

血圧を下げる方法は?乳酸菌摂取が高血圧予防に効果的なワケとは?

ketuatuwojibundehakaruonna

このように、高血圧の原因は多岐にわたり、現代に生きる私たちにとっては常に高血圧の原因が隣り合わせになっているといえます。

そこで、どうしたら上手く高血圧を防いでいくことができるのか、血圧を正常にするためにはどうしたらよいのかを見ていくとともに、高血圧予防に乳酸菌が効果的なメカニズムもしっかりと理解しておきましょう。

高血圧予防の方法

まずは、高血圧を予防するために生活習慣を見直してみるようにしましょう。

自分の生活スタイルの中で取り入れることができる高血圧予防法を少しでも実践してみることが大切です。

食事療法

塩分を意識して下げる食事内容にするようにしましょう。

塩分は高血圧の直接的な原因であるとともに、日本人は世界的に見ても食事による塩分摂取が非常に多くなっています。

普段から食事に含まれる塩分を気にするだけでも、高血圧のリスクを減らしていくことができるでしょう。

同時に、体内の塩分を排出する作用のあるカリウムを多く含む食品を取り入れるようにしましょう。海藻や野菜、豆類などを積極的に摂取するように心がけてみましょう。

運動療法

体内脂肪を燃焼させ、血液の流れをスムーズにする、そして血管を強く健康にして高血圧を予防するには、運動療法もかなり効果的です。

血圧を下げる目的であれば、有酸素運動をするようにしましょう。

また運動によって適度に体を動かせば、良質な睡眠を確保することにもつながり一石二鳥です。

高血圧改善に乳酸菌の摂取は必須

そして血圧を下げ、高血圧を予防するためには、上記の方法と同時に乳酸菌の摂取が非常に重要になります。

乳酸菌は高血圧予防に非常に大きな役割を果たすだけでなく、全身の健康状態もアップさせ、副効果として血圧の正常化にもつながっていきます

高血圧を予防するためには、必ず乳酸菌サプリで乳酸菌をたくさん摂取するようにしましょう。

腸内環境と血圧の深い関係性

腸内環境が悪化すると悪玉菌が優位な状態になります。

悪玉菌は、血管壁にプラークなどを生じさせるもととなるコレステロールを上昇させてしまいます。

腸内環境を改善するためには、乳酸菌が必要不可欠となります。

乳酸菌サプリで大量に乳酸菌を増やしていくことで腸内が善玉菌優位の状態になります。

善玉菌が優勢になると、悪玉菌の働きを強力に抑制し、高血圧の原因である中性脂肪や悪玉コレステロールを産出することを予防することができます。

血液循環改善

乳酸菌で腸内の環境が良くなると、老廃物や毒素といった活性酸素のもととなる有害物質をすみやかに体外へと排出することができるようになります。

血管を老化させる活性酸を排除することで、血液循環を改善するだけでなく、血管年齢を若々しく保つという点においても、乳酸菌は高血圧予防に大きな役割を果たします。

副交感神経活性化により血管拡張

乳酸菌サプリを利用し体内の乳酸菌の量を増やすということは、腸内環境を正常化し、腸の蠕動運動を促進することにつながります。

腸の蠕動運動が活発になると、副交感神経が活性化されるようになります。

この副交感神経は血管を広げる役割があり、血圧の上昇を抑制してくれる働きがあるので、乳酸菌摂取で腸内環境正常化を図ることが高血圧予防にもつながってくるのです。

乳酸菌サプリなら副作用無しで血圧を下げることができる、さらに全身の健康にも

このように、乳酸菌を摂取することは、血圧を下げ、高血圧による病気を予防することにつながります。

そして乳酸気をサプリで摂取することによって、食品から摂取するよりもより多くの健康に関するメリットを得ることができます。

安心安全に高血圧予防、そして経済的にも負担が少ない

高血圧予防の薬を飲む事で簡単に血圧を下げることができますが、薬には副作用がつきものです。

薬を飲まなければならなくなる前に、乳酸菌サプリで副作用無しの高血圧予防をしましょう。

また食品から乳酸菌を摂取するよりも大量に、そして経済的に乳酸菌摂取をして血圧上昇を抑えることができるのも乳酸菌サプリの大きなメリットです。

加齢によって減っていく乳酸菌を補うことも大切

喫煙や飲酒の習慣がない人でも、高血圧のリスクは年とともに大きくなっていきます。

腸内に存在する乳酸菌の量は、加齢によってどんどん減少していってしまうため、何もしなければ自然と高血圧のリスクが高まっていってしまうのです。

年とともに減っていく乳酸菌を補い、少しでも高血圧を予防していくことが大切なのです。

乳酸菌サプリならプロバイオティクス乳酸菌も摂れる

食品に含まれる乳酸菌の弱点は、熱や消化液に弱く腸内に到達する前に死滅してしまうということです。

しかし、乳酸菌サプリなら、生きたまま腸に届くことができるプロバイオティクス乳酸菌を摂取することができます。

また逆に死滅していた方が腸内での働きが高い乳酸菌があるのも事実です。

こういったたくさんの種類の乳酸菌を一度に摂ることができたり、乳酸菌を自分の体や効果に合わせて選ぶことができるというのも乳酸菌サプリを利用した血圧調整の大きなメリットとなります。

まとめ

このように、高血圧を改善、予防していくためには、乳酸菌サプリの利用が欠かせません。

自分の体や好みに合った乳酸菌サプリを見つけて、高血圧の予防を日々心がけるようにしましょう。

血圧を正常に保つことは、美容にも健康にも欠かすことができませんから、乳酸菌サプリで体内に乳酸菌をどんどん補い、イキイキとした毎日を送れるようにしましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です