乳酸菌でコレステロールが減少、健康維持には乳酸菌摂取が必須

koresuterorukekkan

さまざまな健康効果があるとして注目されている乳酸菌。

昨今、乳酸菌の健康効果が続々と解明されるにつれて、乳酸菌への注目が非常に高まっています。

そんな中、現代人が罹患しやすい動脈硬化や生活習慣病の大きな原因となり得るコレステロール値の上昇を、乳酸菌が抑制してくれることがわかり、乳酸菌の大きな役割として健康に役立てようとする試みがあちこちで見られます

そこで、乳酸菌がどうしてコレステロール値を適切にコントロールできるのか、どのような乳酸菌を摂取するとコレステロール値減少につながるのかをご紹介します。

乳酸菌のコレステロール値減少の効果を知って、日々の健康、そして未来の自分の健康作りに役立ててみましょう。

体内でのコレステロールの役割や働き

コレステロールは、血液内の脂質の一つに分類され、細胞膜の形成、ホルモンや胆汁酸の原料となる、人間の体には無くてはならないものの一つです。

この大切な役割を持つコレステロールは2種類あり、その2種類は全く異なる働きを持っています。

それぞれどのような役割や働きがあるのかを見てみましょう。

悪玉コレステロール(LDL)

もともとコレステロールの貯蔵庫である肝臓からコレステロールを血液にのせて全身に運ぶという役割があります。

しかし余分な悪玉コレステロールが血液中に多く排出されてしまうと、血管を詰まらせたり、さまざまな健康被害をもたらします。

血中内であふれた悪玉コレステロールは血管の細胞組織内に入り込み、そこで変性します。

この変性してしまった悪玉コレステロールが血管壁に蓄積されることで血管が詰まったり、また血管が固くなってしまい動脈硬化などの病気を引き起こす原因となります。

また、悪玉コレステロールは腸内で毒素や有害物質を排出するという働きがあるため、悪玉コレステロールを増やさないことが健康維持につながっていきます

善玉コレステロール(HDL)

血液中の余分なコレステロールを回収する役割に優れています。

善玉コレステロールによって回収した余分なコレステロールは、再び貯蔵庫である肝臓へと運ばれ、血中のコレステロール値を適切にコントロールすることができます。

血管の細胞組織内に悪玉コレステロールが侵入してしまう前に回収する働き、そしてその結果として血管を健康に維持することにつながります。

乳酸菌がコレステロールを減少させることができる仕組み

koresuterorukekkannoe

上記のように、悪玉コレステロールを減らし、善玉コレステロールの働きを促進すること、そしてコレステロール値を正常に保つことが健康維持には非常に大切です。

では、コレステロールの減少にどうして乳酸菌の働きが良いのかを見ていくことにしましょう。

腸内で乳酸菌が活躍

コレステロールは胆汁酸を作りだすために必要不可欠な成分となります。

胆汁酸は、胆汁内において作られますが、その際に肝臓に蓄えられているコレステロールを利用します。

乳酸菌は、腸内でこの胆汁酸と深く関係しています。

乳酸菌が胆汁酸を吸着する

乳酸菌には、腸内に存在している胆汁酸を吸着する働きがあります

胆汁酸を吸着した乳酸菌は、そのまま便とともに体外へと排出されてしまいます。

腸内で胆汁酸が減少すると、その減少した胆汁酸を補うために肝臓内のコレステロールを使って再び胆汁酸を作りだそうとする働きが促されることになります。

乳酸菌によってどんどん胆汁酸が体外へと排出されてしまうので、コレステロールを使いたくさんの胆汁酸を作りだす必要が産まれるということになります。

これによって体内のコレステロールがどんどん消費されコレステロール値が減少するという仕組みが生まれるのです。

コレステロールを分解

乳酸菌には、コレステロールを分解するという働きもあります

腸内の乳酸菌によって分解されたコレステロールは血管壁などに吸収されにくい形になります。

血管に入り込み変性、そして血管壁に吸着して蓄積してしまうのを防ぐ役割も乳酸菌の大きなメリットだといえます。

体内のコレステロール値を下げるために乳酸菌を効果的に摂取するには

このように、コレステロール値を減少させることができる乳酸菌、どのような摂取方法が理想的なのでしょうか。

体に健康をもたらす乳酸菌を効率よく摂取する方法をご紹介します。

食べ物に含まれている乳酸菌を意識して摂取するという方法は?

動物性乳酸菌が豊富だとして名高いヨーグルト、植物性乳酸菌の豊富なキムチや漬物などの発酵食品を意識して摂取することも有効です。

しかし、こういった食品から乳酸菌を摂取する際に気をつけなければならないのが、塩分や糖分、カロリーの過剰摂取です。

ヨーグルトは乳酸菌は確かに豊富ですが、糖分や脂肪分に気をつけなければなりません。

また漬物などの発酵食品には塩分がつきものです。

塩分を大量に摂取してしまっては、そもそもコレステロール値を下げるどころか健康自体が脅かされることになってしまいます

食べ物からよりも乳酸菌サプリを利用して乳酸菌を摂るのがベスト

塩分や糖分、カロリーを全く気にすることなく乳酸菌を摂取する方法、それが乳酸菌サプリを利用して乳酸菌を摂取するという方法です。

コレステロール値を減少させたいのであれば、乳酸菌サプリを利用するのがもっとも効率よく、効果的な方法だといえます

乳酸菌サプリで乳酸菌を摂るメリット

  1. 健康被害を及ぼす塩分、糖分、カロリーなどの心配が一切無い
  2. ヨーグルトなどの食品を購入して乳酸菌を摂取するより経済的
  3. 食品に含まれる乳酸菌の量とは桁違いの大量の乳酸菌を一気に摂取することができる
  4. 自分の体に合った乳酸菌を選んで摂ることができる
  5. 摂取方法が非常に簡単なため、継続して乳酸菌を摂りつづけることができる
  6. たくさんの乳酸菌を摂取することができるため、健康効果があらわれるのが早い
  7. 摂取方法もいろいろ選べて自分に合った摂取方法を選択できる
  8. 食物繊維やオリゴ糖など、乳酸菌の働きを強化する役目のある栄養素が同時に入っていて、より体内での乳酸菌の効果が高くなる

このように、乳酸菌をコレステロール減少のために始めようとするのならば、食品から乳酸菌を摂取するよりも、乳酸菌サプリを利用した方がずっとたくさんの健康効果がありますし、メリットも豊富です。

乳酸菌はどんどん排出されてしまう、コレステロール値を下げるなら続けることが大切

乳酸菌は、腸内に留まる期間が非常に短く、種類によりますが、一定期間腸内に存在した後はすみやかに排出されてしまうものがほとんどです。

コレステロール値を減少させ、健康効果を生みだしたいのであれば、乳酸菌摂取を継続していかなければなりません。

毎日摂るならやっぱりサプリがおススメ

毎日乳酸菌を含む食品を摂取し続けるのは無理がありますが、乳酸菌サプリなら安定して大量の乳酸菌を毎日摂取し続けることが簡単にできます。

乳酸菌サプリであれば、続けるという点においても食品から乳酸菌を摂取するよりもたくさんのメリットがあり、コレステロール値低下に大きく貢献することができます。

いつでもどこでも手軽に乳酸菌摂取できる乳酸菌サプリの便利さ

食品から乳酸菌を摂取する場合、場所や時間を選ぶ必要があり、いつでもどこでも手軽にというわけにはいきません。

しかし、乳酸菌サプリであれば、自分の生活パターンのどこに組み込んでも非常に手軽に乳酸菌を摂ることができます。

また、乳酸菌サプリは食品から乳酸菌を摂るよりも、はるかに乳酸菌摂取のための時間を短縮することができます。

どのような面を考慮しても、乳酸菌を摂取して自分のコレステロール値を正常にしたいのであれば、乳酸菌サプリが最も有効な摂取方法だといえます。

まとめ

乳酸菌には、コレステロール値を減少させ、体の中のコレステロールの量を適切に保つ大きな働きがあります

現代病ともいわれている血管に関係する病気の、ほとんどの芽を乳酸菌の健康効果で摘む事ができるといえるでしょう。

自分の血管を守るため、ひいては健康維持のため、コレステロールが気になったら、ぜひ乳酸菌サプリを活用してコレステロール値減少に努めてみましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です