乳酸菌で口臭予防、乳酸菌は口臭を防ぐ高い効果があります

26b23e7cdb406e42aa1593ca11b93030_s

乳酸菌といえば、昨今大きな話題となっている腸内フローラの形成に貢献し、腸内の善玉菌を増やすことで有名です。

全身の健康維持においても大活躍する乳酸菌、じつは口臭を防ぐ働きもあるのをご存じでしょうか。

口臭予防ができる乳酸菌をご紹介します。

口臭予防ができる乳酸菌LS1(TI2711)

口臭が発生する原因の約8割は、口内の環境、口内に生息している原因菌によるものです。

この口臭を発生させる口内環境に効果のある乳酸菌が、LS1(TI2711)乳酸菌です。

どうして口臭を防ぐことができるのでしょうか

では、このLS1(TI2711)という乳酸菌は、どうして口臭を防ぐことができるのでしょうか。

口臭が発生するメカニズム

口臭の主な原因は、歯周病の原因菌である細菌ジンジバリス菌と呼ばれるものです。

ジンジバリス菌は、口内に残った食べ物や食べかすなどを栄養源として、施行の中で増殖をくり返します。増殖する際に有害物質を排出し、さらに歯茎の奥深くにまでどんどん浸透していきます。

ジンジバリス菌によって分解され、腐敗した成分がにおいを発生させるのです。

また、歯周病が進行し、膿がたまったり、出血したりすることで、さらに口臭が強くなります。

歯周病菌を殺菌することができる乳酸菌LS1(TI2711)

この歯周病の原因菌であるジンジバリス菌を殺菌できるのが、乳酸菌の一つであるLS1(TI2711)です。

研究結果でも、乳酸菌LS1(TI2711)は、24時間で大部分のジンジバリス菌を殺菌することができたという結果が発表されています。

数ある乳酸菌の中でも、この乳酸菌は非常に殺菌力が強く、口内に潜む口臭の原因菌を強力に除去する能力があるのです。

酸を作りだすことを抑制する効果もあり

LS1(TI2711)乳酸菌の優れたもう一つの注目点として、口内環境を酸性に傾けないようにするという効果があります。

口内環境が賛成に傾くということは、すなわち歯周病菌や虫歯の原因菌であるミュータンス菌などの細菌が活発に活動しやすくなる環境であることを意味しています。

こうした菌が活動を活発化させることによって、さらに口臭が悪化することになります。

一般的な乳酸菌は、乳酸という酸を作りだしてしまいます。

ですが、このLS1(TI2711)乳酸菌は、乳酸を作りだしすぎてしまうと、その酸によって自らも死滅してしまうという特徴があります。

そのため、酸を作りだすことを抑制するという働きを持っています。

酸を作りだすことを抑制し、自らが口内環境に貢献しやすい環境を作りだすとともに、口内を酸性にしないという、口臭の根本的原因を取り除くことが期待できるのです。

まとめ

口臭や歯周病対策として、乳酸菌を摂取するという取り組みは、今や多くの歯科医でも採用されている方法です。

健康や腸内に良いだけでなく、お口や歯の健康にも大きな効果をもたらす乳酸菌、全身をケアすることができる健康ツールであることは間違いありません。

今では、乳酸菌摂取が便利なタブレットやサプリという形で手軽に乳酸菌を選ぶこともできますので、自分の口元に自信のない人、いつまでも健康な歯で食事や会話を楽しみたい人は、ぜひ乳酸菌摂取を始めてみましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です