乳酸菌サプリで腸活!免疫力をアップする驚きの乳酸菌サプリの実力とは?

e9f865c110f2dbe71513999fb5ddff85_s

乳酸菌には、病原菌や最近の脅威から体を守ってくれるという働きがあります。

腸内の乳酸菌の量を増やす、それはすなわち、体全体の免疫力をアップさせることにつながるのです。

乳酸菌サプリで免疫力をアップすることができる、そのメカニズムや原理

最近注目を集めている乳酸菌サプリ。

乳酸菌サプリを続ける事で、腸内環境を善玉菌優位の状態にし、さまざまな健康効果が期待できることがわかってきています。

便秘下痢の改善だけでなく、体全体の免疫力にまでかかる事ができる乳酸サプリに着目して、その重要性を認識しましょう。

腸は重要な免疫システムがある場所

腸は体全体の半分以上、じつに6割以上もの免疫機能を占める器官です。

腸内には体に入ってきたものを、異物か、異物ではないのかを判断する独自のシステムがあり、体に入ってきたものを有害、無害に分類する機能も備わっています。

そのシステムにおいて重要な役割を果たすのが乳酸菌です。

乳酸菌の活躍により、腸内環境が善玉菌優位の状態であれば、この独自の免疫システムは良く働きますが、悪玉菌優位の状態で腸内環境が悪くなっていると、この免疫システムが働かず、いつまでも有害物質や老廃物が腸内に滞ることになってしまうのです。

つまり、乳酸菌サプリを利用して、毎日乳酸菌をしっかりと補うことで、腸が果たす免疫という重要な役割を確実なものとすることができるのです。

乳酸菌サプリで乳酸菌を補えばNK細胞が活性化される

7d61f6d8c606c7722cd8fb6294107145_s

人間の体には、もともとナチュラルキラー細胞(NK細胞)という、免疫力をもった細胞が存在しています。

このナチュラルキラー細胞(NK細胞)をより活発に働かせるようにするのが、じつは乳酸菌なのです。

体内で発生するがん細胞や、外部から侵入してくるインフルエンザウイルスなどを、このナチュラルキラー細胞(NK細胞)がしっかりと攻撃してくれることによって、病気にならないという免疫力が働くのです。

また、乳酸菌サプリで腸内の乳酸菌を増やすと、異種ナチュラルキラーT細胞も増殖することがわかっています。

この異種ナチュラルキラーT細胞はがん細胞やウイルスを退治すると同時に、免疫機能をコントロール、そして抗体を作りだすという役割のある細胞です。

こういった免疫系の細胞をしっかりと働かせ、増殖させるという役割が乳酸菌サプリを摂取すると得ることができるのです。

乳酸菌は排出されたり死滅したりしてしまう、継続して乳酸菌サプリを摂取

しかし、乳酸菌は腸内に留まる期間や生存している期間を越えると、体外へと排出されてしまったり、死んでしまいます。

そこで、乳酸菌サプリを利用して、継続的に腸内の乳酸菌の量を保つことが重要です。

つねに腸内に十分な量の乳酸菌を届けるためには、乳酸菌サプリを利用するのが最も便利で効果の高い方法だといえるでしょう。

免疫力を高い状態に、一定に保つために、乳酸菌サプリを日々の生活に取り入れて、さまざまな疾病や病気、障害などから、自分自身の体を守る努力をしましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です