乳酸菌は虫歯菌の撃退にも効果があった!虫歯予防に効果のある乳酸菌

496e94fb1ab88fa73c8d8c3d2586820b_s

乳酸菌といえば、腸内フローラを正常化し、腸内環境を整えるという役割や、便秘や下痢を予防するという効果が良く知られています。

しかし実は乳酸菌は虫歯の原因菌である、ミュータンス菌の抑制にも大きな効果があることがわかっています。

いくら歯ブラシをしていても、虫歯になりやすかったり、口臭や歯茎の状態が気になるという人は、もともと口内のミュータンス菌が多いのかもしれません。

乳酸菌は体だけでなく、口の中の善玉菌としても役ってくれる細菌です。

虫歯やお口のケアが気になっているのであれば、ぜひ乳酸菌を使った方法にトライしてみてはいかがでしょうか。

虫歯予防に効果のある乳酸菌の種類とは?どんな乳酸菌がお口のケアに最適?

ロイテリ菌

ロイテリ菌は、腸内において善玉菌の繁殖に貢献する乳酸菌です。

病原性大腸菌O157の殺菌においても優れた殺菌効果を発揮することがわかっています。

そのロイテリ菌が、じつは口腔内にいる虫歯菌をも除菌する効果があることがわかりました。

広島大学歯学部付属病院の研究結果によると、ロイテリ菌入りのヨーグルトとそ例外の乳酸菌が含まれているヨーグルトを、培養した虫歯菌に付着させた実験においては、ロイテリ菌が入っているヨーグルトを食べた方の人の方は虫歯菌の発育が90%以上も少ないという結果が出ています。

加熱して死菌になってしまってからも大きく貢献します

ロイテリ菌は、熱によって死んでしまっても、生菌以上の効果を発揮することがわかっています。

また、ロイテリ菌の虫歯予防効果は、2週間以上経過しても虫歯菌の繁殖が非常に抑えられているという点も注目です。

さらに歯ブラシなどを行ったとしてもある程度効果が残りますから、安心して歯ブラシなどの別の歯のケアをすることか可能になるのです。

LS1乳酸菌

このLS1乳酸菌は、虫歯菌であったり歯周病菌などの菌を抑えるのに、とくに有名で強力な乳酸菌だといえるでしょう。

虫歯菌であるミュータンス菌にとどまらず、歯周病菌の抑制にも非常に大きな効果があります。

モニターの人にLS1乳酸菌を摂取させたグループとそうでないグループとではかなりの差が出る事がわかっています。

LS1乳酸菌を摂取した人たちは、4週間が経つうちに歯周病が4分の1に減少していたという報告もあります。

L8020

このL8020は、虫歯や歯周病に全く罹患したことの無い子供の口内から分離をした乳酸菌です。

L8020入りのヨーグルトを用いた実験では、L8020乳酸菌を食べた人の口腔内に潜む4種類の歯周病菌を減少させたという結果が出ています。

乳酸菌の仲間ですから、腸内の環境を良好に保つと同時に口内のpHを酸性から中性にするという働きももちろんあり、歯の表面を溶けにくくする、虫歯になりにくくするという効果もあるのです。

まとめ

乳酸菌は、知れば知るほどますます健康に良いポイントを発見することができる成分です。

私たち人間に対して虫歯予防の効果が高い乳酸菌、毎日乳酸菌サプリという手軽な乳酸菌を取り入れ、いつまでも自分の歯で食事ができるようにしましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です