乳酸菌摂取で生活習慣病を徹底克服!乳酸菌サプリで生活習慣病を撃退しよう!

isinisoudan

現代人の多くが悩む生活習慣病。その罹患年齢はどんどん弱年齢化して幅広い世代で深刻な病気をもたらす原因となっています。

しかし、今までの食生活や生活スタイルを大幅に改善して生活習慣病予防などに努めるのは非常に困難で、日常生活で生活習慣病を予防することは困難な人がほとんどです。

そこでおススメしたいのが乳酸菌が持つ生活習慣病改善予防効果です。

乳酸菌サプリで生活習慣病に効果のある乳酸菌を摂取することで、その症状が緩和したり、予防したりすることができます。

生活習慣病のほとんどの症状を改善、予防し、さまざまな初期症状を治癒させる乳酸菌の効果は、果たしてどのようなものなのでしょうか。

生活習慣病のそれぞれの症状と、その症状に効果のある乳酸菌をまとめました。

乳酸菌サプリを自分の生活習慣病の症状に合わせて選んでみましょう。

高血圧

生活習慣病の中でも非常に多くの人が悩むのが高血圧です。

世界保健機構WHOが打ち出した高血圧の基準としては、高い方の血圧が140mmHg、低い方の血圧が90mmHg以上で、このどちらかでも当てはまる場合に高血圧であると位置づけています。

血管が細くなってしまったり、血液がドロっとして流れが滞りやすくなると、心臓は血液をしっかりと流そうと強く血液を流そうとします。

これが高血圧の主なメカニズムとなり、脳血管の疾患、心臓病などを引き起こします。

高血圧予防に効果のある乳酸菌

エンテロコッカスフェカリスFK-23(乳酸菌LFK)

一般的にフェカリス菌と呼ばれる乳酸菌で、特徴としては乳酸菌の中でも非常に小さいということです。

この乳酸菌の内部に存在する核酸RNAのアデノシンという成分には血管拡張作用があることがわかっています。

アデノシンはマウスの実験において、血圧値を10%も下げることに成功したというほどの血圧降下作用があります。

乳酸菌シロタ株、ラクトカッカスラクチス

乳酸菌としては非常に有名なシロタ株、そしてラクトカッカスラクチスから得ることができるギャバ(GABA)にも、血圧を効果的に下げる働きがあることがわかっています

これらの成分には、血管収縮を促進させる働きがあるノルアドレナリンという物質が分泌されるのを抑制するという役割があります。

血管収縮を緩和して血圧を安定させ、高血圧を予防することができるのです。

脂質異常

脂質は本来であれば私たち人間の体にとっては非常に重要な栄養素となっています。

しかし、脂質の摂りすぎによって血中または体内の脂質の量やそのバランスが崩れてしまうと、逆に体に悪影響をもたらす成分となってしまいます。

この体内の脂質の濃度やバランスが著しく崩れている状態を脂質異常症と言います。

一般的な基準としてはLDLコレステロール140mmHg未満、HDLコレステロール40mmHg以上、トリグリセライド(中性脂肪)が150mmHg未満とされています。

脂質異常症は、動脈硬化の危険性を非常にアップさせることがわかっていて、心臓や脳疾患の大きな原因となります

また、食生活や生活習慣だけでなく、遺伝的要因も大きく関係しているというケースも非常に多くなっています。

脂質異常症に効果のある乳酸菌

クレモリス菌GCL1176株

この乳酸菌は、カスピ海ヨーグルトを作りだす乳酸菌です。

脂質異常の2つの要因、食事や生活スタイルが原因である脂質異常症、さらに遺伝的要素が原因となる脂質異常症のどちらにも効果があるという優秀な乳酸菌です。

血清コレステロールを下げるだけでなく、上昇を緩やかにする効果もあります。

また、中性脂肪や胆汁酸の排出を促す効果もあり、脂質異常症にさまざまな効果がある乳酸菌といえます。

肥満

seikatusyuukansyokuseikatu

生活習慣が大きく表れる症状としては、肥満という症状に陥っている人がもっとも多いのではないでしょうか。

皮下脂肪だけでなく、内臓脂肪などは生命の危機に直接的につながる生活習慣病の症状だといえます。

肥満症の人は、そうでない人に比べて病気のリスクが非常に高くなり、心疾患であれば約2倍、高血圧症であれば2,5倍、糖尿病発症リスクに至っては5倍ともいわれています。

その他にも不妊症や尿結石、胆石などのリスクも非常に高くなります。

肥満に効果のある乳酸菌

ガセリ菌SP株

内臓脂肪を減らす効果のある乳酸菌といえば、このガセリ菌SP株です。

腸内に留まる効果が非常に高く、腸内で有効な働きを長くすることができる乳酸菌です。

また、日本人の腸内から発見されたという特徴もあり、日本人の腸に非常に相性のいい乳酸菌です。

乳酸菌RO37

肥満の原因の一つとして、血液中の中性脂肪の増加があげられますが、この乳酸菌RO37には、その血中中性脂肪を抑制する働きがあります。

食後に上昇する血液中の中性脂肪を抑制することにより、肥満防止に効果が認められています。

高脂肪食が多い現代人の食生活で、ぜひ取り入れたい乳酸菌だといえるでしょう。

高血糖

血液中のブドウ糖(グルコース)が多い状態を高血糖と呼び、糖尿病を引き起こす恐ろしい症状です。

通常時の血糖値が180mg/dL以上が高血糖とされていますが、それ以前に慢性的に125mg/dLが続くと体内の各臓器への影響が出るといわれています。

糖尿病になるとさまざまな合併症を発症しやすくなり、神経障害、網膜症、腎臓疾患など深刻な病気になります。

高血糖に効果のある乳酸菌

クレモリス菌FC株

前述の通りカスピ海ヨーグルトを産生することができる乳酸菌で、摂取することで2型糖尿病のリスクを摂取しない人に比べて2割減少させることができるという効果があります。

生活習慣が原因となる2型糖尿病を予防することができる優秀な乳酸菌です。

まとめ

乳酸菌は他にもたくさんの種類があり、生活習慣病予防に大きな効果を発揮することがわかっています。

乳酸菌サプリを生活の中に取り入れ、生活習慣による病気を減らし、しっかりと健康を守るようにしましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です