腸内環境を整えるために摂取する乳酸菌、一日に摂取したい乳酸菌の摂取量は?

nyuusannkinnsessyu

体に嬉しい健康効果を発揮し、昨今非常に重要であるとされている腸内環境の改善をすることができる乳酸菌。

そんな健康に良い乳酸菌ですから、ぜひ健康のために摂取したいと考えている人は多いのではないでしょうか。

では、腸内環境を整え、全身機能を向上させるために摂取する乳酸菌、一日にどれくらいの量を摂ったら良いのでしょうか。

腸内環境を良好にするために一日に摂取したい乳酸菌の数

一日にどれくらいの乳酸菌を摂取すると、健康に良い効果が体にあらわれてくるのでしょうか。

じつは、腸内環境を整えるという意味では、乳酸菌は一日に一兆個必要としているといわれています。

一日一兆個の乳酸菌を2週間ほど継続して摂取することによって、体内環境、とりわけ腸内の状態が良くなり、健康に対する効果があらわれてくるようです。

市販のヨーグルトに換算すると膨大な量になる

一兆個というとちょっと驚きの数字だと考える人も多い事でしょう。

では、乳酸菌一兆個を摂取するためには、どれくらいのヨーグルトを摂ったら良いのでしょうか。

ヨーグルト100g中に入っている乳酸菌はおよそ10憶個

実は乳酸菌の宝庫だと考えられているヨーグルトでも、ヨーグルト1パック(約100g)の中には10憶くらいの乳酸菌しか入っていません。

つまり一日に一兆の乳酸菌を摂取しようとしたならば、ヨーグルトを一日に100個食べなければならない計算になります。

大量のヨーグルトの刺激で下痢を起こしてしまうことも

ヨーグルトに乳酸菌が豊富に配合されているからといって、ヨーグルトばかりを意識するあまり、普段の食生活のバランスが崩れてはいけません。

また、ヨーグルトのタンパク質で消化や吸収に負担がかかり、逆に胃腸の状態を悪くしてしまうことも考えられます。

乳酸菌の中でも「死菌」であれば一兆個摂取がカンタン

yo-guruot

乳酸菌は死んだ状態でも善玉菌のえさとなります。

生きたまま腸に届くのは至難の業で、殆んどの乳酸菌が消化や吸収、胃液や胃酸、消化液によって死んでしまいます。

しかし、はじめから死菌であれば、非常に大量の乳酸菌摂取が可能となります。

とくに大量の乳酸菌を摂取しようとしているのであれば、死菌を配合した乳酸菌を選ぶと良いのではないでしょうか。

サプリで乳酸菌を摂れば一日一兆も楽々クリア

食べ物の中にも乳酸菌は含まれています。とりわけ私たち日本人は、他の国の人々に比べると、漬物や味噌汁、醤油などから知らない間に乳酸菌を摂取しているということになります。

しかし、乳酸菌は豊富にあることでより大きな効果を生みますkら、ぜひ乳酸菌サプリを活用してみましょう。

まとめ

乳酸菌を摂取することは、今や健康寿命をのばしたり、元気な体を維持する、アンチエイジング効果など、広くその効能を知られている成分です。

しかし、乳酸菌は一度に大量摂取したからといってすぐに効果の出るものではありません。

乳酸菌サプリを利用して、継続した乳酸菌摂取を、十分な量摂ることができるのは、直接健康にかかわることになります。

乳酸菌の効果を知ったなら、ぜひ今すぐにでも乳酸菌サプリ生活を始めてみましょう。

nyuusannkinnrank

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です