乳酸菌サプリはうつ病にも効果的、乳酸菌の整腸作用でうつ病改善

d46d2912fff571ec269b5fa1e62e96cf_s

たくさんの健康効果があるとして、昨今摂取する人が急増している乳酸菌サプリですが、乳酸菌サプリで乳酸菌をしっかりと摂取することによって、うつ病を改善することができます。

整腸効果でセロトニン不足を補います

うつ病は、おもにセロトニンという物質が体内に不足すると発症しやすい病気です。

セロトニンは、脳が快感や幸せを感じるための物質です。このセロトニンが不足することによって、精神の状態が不安定になりうつ病の症状が出るようになります。

実は、セロトニンは乳酸菌が活躍する腸内に存在していて、腸の働きによって大きく影響を受けることになるのです。

乳酸菌サプリで腸内環境を良好にするとセロトニン不足が解消できます

腸内にあるセロトニンの量は、全身のセロトニンのじつに9割以上に上ります。つまり、体内にあるセロトニンのほとんどが腸にあるということになります。

乳酸菌サプリで腸内環境を良くしておけば、セロトニンの分泌をしっかりとすることができ、うつ病を発症するのを抑えたり、発症しているうつ病を改善したりすることができるのです。

一方で、乳酸菌サプリなどで乳酸菌を補っていなく、腸内が悪玉菌優勢の悪い環境にあると、セロトニン分泌は難しくなり、うつ病の症状を発症したり、うつ病の症状を悪化させてしまうこともあります。

ストレスで腸内環境が悪玉菌優位にならないようにしましょう

うつ病になると、大きなストレスがかかるようになります。また逆に、大きなストレスを感じてうつ病を発症してしまうという場合もあるでしょう。

この場合、ストレスによって腸内環境も悪玉菌優位に傾くようになってしまう場合が非常に多くなります。

乳酸菌サプリを摂取して、いつでも乳酸菌をしっかりと補っていれば、うつ病によるストレスで腸内環境が悪玉菌に侵され、うつ病とともに健康をより害してしまう事を予防することができます。

悪玉菌による健康被害のストレスを断ち、悪循環を断つ

うつ病になり腸内の状態も悪玉菌が優位になる事によって、次第に健康を害してしまう様になります。

健康に不安があると、さらにその不健康がストレスとなり、よりうつ病の進行に拍車をかけてしまうことにもなりかねません。

乳酸菌サプリで腸内環境を良好にしておくということは、こうした負の連鎖をきっぱりと絶ち切るという役割もあります。

体の状態やストレス、感情に左右されやすい腸内環境ですが、乳酸菌サプリでしっかりと乳酸菌を補い、常に善玉菌が活発になっている状態を作っておくことで、ストレスや感情などの変化があっても、その状態に負けない健康な腸を保つことができるのです。

うつ病による免疫力低下にも貢献

うつ病になると全身状態が悪くなり、体の免疫力も低下してしまいます。

乳酸菌サプリを摂取して、十分な量の乳酸菌を摂取する、腸内環境を整えておくということは、このうつ病によって低下してくる免疫機能を維持することにおいても非常に大きな効果を発揮します。

すでに発症しているうつ病にも、そしてこれからうつ病の症状を予防するためにも、乳酸菌サプリは大きな効果が発揮します。

うつ病が心配な際にはぜひ乳酸菌サプリを試してみましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です