ラブレ菌は日本で生まれた植物性乳酸菌、日本人のお腹にぴったりマッチ

tukemonoyasann

日本発祥の乳酸菌の中でも、今や世界的に有名で非常に高い効果を持つ乳酸Kとして広く知られるようになったのが、植物性乳酸菌ラブレ菌です。

ラブレ菌は乳酸菌として非常に優秀な機能や私たち人間の体への健康効果があるとして、各方面で話題となっています。

ラブレ菌とはいったいどのような菌で、人間の腸内でどんな活動をすることができるのでしょうか。

ラブレ菌の発見

ラブレ菌は、故岸田綱太郎博士(ルイ・パスツール医学研究センター)が1993年に発見しました。

発見に至った経緯

京都人男性の平均寿命が全国2位という上位だったことと、京都では漬物が良く食べられていることの関係性に着目した岸田博士は、さまざまな漬物から乳酸菌を採取、京漬物である「すぐき」からラブレ菌という優秀な乳酸菌を発見したのです。

tukemonokaburakozara

ラブレ菌の特徴

ラブレ菌は正式名称をラクトバチルスブレビスKB290(Lactobacillus brevis KB290)と言います。

しろかぶの一種であるすぐきなを塩漬けすることで生まれる植物性乳酸菌です。

消化液に強いわけ

ラブレ菌は自らが出すねばねばした成分EPS(細胞外多糖)を鎧のように纏っているという特徴があります。

この多糖に守られている形状のため、人間の体内に入り消化液や熱にさらされても生き続けることができ、生きたまま腸に届くことができるのです。

また、塩漬けという過酷な環境下でも生きる事ができる生命力を持っているため、人間の体内でもしっかりと生存することができる強い乳酸菌です。

ラブレ菌の働き

ラブレ菌を摂取することで得られる効果としては、体の免疫力を高める、整腸作用、便秘の解消などがあげられます。

これらはみな、ラブレ菌によって腸内の善玉菌であるビフィズス菌をを強力に増殖させることができるからとなります。

ラブレ菌を摂取するとしないでは、お通じの回数、腸内ビフィズス菌の占有率、免疫力などにかなりの差が出るのです。

その他にもラブレ菌を摂取したことによる腸内環境の正常化によって生まれる副効果として、ニキビや肌荒れの改善、更年期障害の症状緩和、過敏性腸症候群(IBS)の緩和なども期待できます。

ラブレ菌の効果的な摂取方法

tyounosaikinngure

このように非常にすぐれモノのラブレ菌、どのように摂取したら効率よくとることができるのかをご紹介します。

効果の高い植物性乳酸菌ラブレ菌を効果的に摂取し、健康に役立てるようにしましょう。

ラブレ菌を摂るなら絶対サプリがおススメ

ラブレ菌を効率よく、たくさんの量を確実に摂るなら、絶対におススメな方法がサプリで摂取するという方法です。

サプリであれば一度に大量に、そして非常に手軽な方法で摂取することが可能です。

そして続ける事が大切な乳酸菌摂取において、こういった手軽で確実という手段は、継続するうえでも非常に大きなウエイトを占めることになっていくからです。

まとめ

これから乳酸菌の摂取を始めようとしているなら、ぜひ植物性乳酸菌ラブレ菌のサプリがおススメです。

しっかりと生きて腸内に到達、高い効果を持つうえ、私たち日本人のお腹に相性抜群だからです。

今まで乳酸菌を摂っていたけれどあまり効果が感じられないという人も、この機会にラブレ菌にシフトしてみてください。

ラブレ菌ならしっかりと乳酸菌の効果を感じることができます。

ラブレ菌をサプリで摂って、これからの健康や美容に役立てていきましょう。

nyuusannkinnrank

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です