植物性乳酸菌のスゴさをご紹介!植物性乳酸菌ってこんなにスゴイ!

tukemono

細菌、腸内環境を見直すことが大切だという事を耳にする機会が多くなってきました。

それにつれて、乳酸菌の大切さも同時に再認識されるようになり、「菌活」という言葉も登場するほどに、腸内細菌の重要性が広く認識されています。

そこで、乳酸菌には、植物性乳酸菌と動物性乳酸菌があるのをご存じでしょうか。

今、大注目の乳酸菌の中でも、特に健康効果に優れた植物性乳酸菌の驚くべきパワーと効果について詳しくご紹介します。

植物性乳酸菌はどんな菌?

そもそも乳酸菌とは、糖類をエネルギー源として「乳酸」という物質を作りだす性質がある微生物をさします。

乳酸菌の数は、200種類以上もあるとされていて、それぞれの乳酸菌によって生息している場所や環境が異なります。

その中でも、もともと野菜に含まれていたり付着している乳酸菌を植物性乳酸菌と呼ぶことが多く、植物性の食品に住んでいることがほどんどです。

また、空気中に漂っているような乳酸菌も存在していて、その生息範囲は多種多様、広範囲に及ぶといえるでしょう。

植物性乳酸菌が特に多いのは、漬物などの発酵食品、ぬか漬けやキムチなどにも住み着いています。

つまり、私たちの周りには植物性乳酸菌があふれていて、人間は植物性乳酸菌を必要として生きているといえるのです。

植物性乳酸菌のスゴイところ、動物性乳酸菌との違いは?

miso

では、私たちの周りにごく当たり前のように存在している植物性乳酸菌とは、どのような力を秘めているのでしょうか。

また、動物性乳酸菌とはどのように違うのでしょうか。植物性乳酸菌の驚異の生命力と生存能力を動物性乳酸菌と比べてみましょう。

植物性乳酸菌の驚きの力が良くわかるでしょう。

植物性乳酸菌と動物性乳酸菌との違い

生息場所

植物性乳酸菌

植物全般、植物に由来するすべてに住んでいる

動物性乳酸菌

ミルク、乳

糖との関係性、必要としている糖

植物性乳酸菌

果糖、ブドウ糖、麦芽糖、ショ糖など多数

動物性乳酸菌

乳糖のみ

必要としている糖の濃度

植物性乳酸菌

濃度が変化しても生存していくことができる

動物性乳酸菌

一定でないと生存が難しい

生息する環境

植物性乳酸菌

栄養が乏しいところ、栄養バランスが乱れている環境でも生存できる

動物性乳酸菌

栄養状態が一定で栄養豊富でないと生存できない

他の微生物との関係性

植物性乳酸菌

いろいろな微生物との共存が可能、相乗効果も期待できる

動物性乳酸菌

単独で活動する

食塩との相性

植物性乳酸菌

高濃度の塩分でも生存することができる

動物性乳酸菌

塩分濃度が高いと生存できない

植物性乳酸菌の特徴とは?

tukemonoya

植物性乳酸菌が非常に優れた乳酸菌である事は以上のように明らかですが、では、植物性乳酸菌は、私たちの体にどのような良い影響をもたらしてくれるのでしょうか。

まずは植物性乳酸菌の特徴についてみていきましょう。

消化液に負けない

人間は食べ物を消化するために、胃酸を出します。実はこの胃酸で死滅してしまう乳酸菌は非常に多く、ごく一部を除いて、動物性乳酸菌は胃酸や消化液に弱いといわれています。

一方で、植物性乳酸菌は胃酸や消化液にも非常に強く、生きたまま腸に届くことができる乳酸菌です。

酸、アルカリにも強い

植物性乳酸菌は、漬物や味噌、キムチやザーサイなどに含まれている事はご存じの方も多い事でしょう。

これは、酸性やアルカリ性、高濃度の食塩という過酷な環境でも生息し、生きる事ができる植物性乳酸菌の強さがあるからです。

この驚異の生命力で、人間の体に摂取された後でも生き続け、腸内で環境のために役に立つことができるのです。

生きて腸まで届きそこで定着

植物性乳酸菌は、生きたまま腸に届くため、腸内で定着して善玉菌を増やす働きをすることができます。

死滅してしまうと排出されやすくなってしまう乳酸菌の中でも、生きて腸まで届くことによって、腸内に長く滞在し、腸内環境を整える大きな役割を果たしてくれるのです。

植物性乳酸菌摂取で腸内に善玉菌が増えるとどうなる?

tukemonotakusan

では、植物性乳酸菌の効果で、腸内の善玉菌が増殖すると、私たち人間の健康にどのような効果が生まれるのでしょうか。

ここでは、植物性乳酸菌によって腸内環境が正常化したときの健康効果をご紹介します。

便の状態の正常化・食中毒予防効果

植物性乳酸菌が腸内で生成する乳酸菌は、酢酸や乳酸菌を作りだします。

すると腸の動きが活発化して、下痢や便秘を予防し、便の排出を適切にしてくれる効果があります。

また、腸内で悪玉菌が関係する細菌性の食中毒を予防する効果もあります。

コレステロールの上昇抑制・高血圧予防効果

植物性乳酸菌には、腸内のコレステロールを吸収されにくい形に変化させる働きがあります。

この効果によって、コレステロールを抑え、高血圧を予防します。

免疫強化・がんの予防効果

体全体の免疫機能のうち6割が腸にあるといわれています。

腸内細菌が善玉菌優勢になる事によって、体の免疫機能を強化し風邪やインフルエンザに対して大きな効果を発揮するという役割も、植物性乳酸菌の大きなメリットです。

また、腸内の悪玉菌を減らすことによって、悪玉菌が排出する有害物質を削減し、大腸がんの予防にも効果があります。

アレルギー予防効果

植物性乳酸菌を摂取することによって、体内の免疫機能を正常化し、アレルギーを改善したり予防する効果があります。

まとめ

このように、植物性乳酸菌には、私たち人間の健康に大きな効果を発揮するパワーがあります。

普段から植物性乳酸菌を確実に摂取できるよう、植物性乳酸菌配合のサプリを利用すると、健康効果をよりアップすることができるでしょう。

たくさんの植物性乳酸菌を、継続して摂取することが大切となりますから、植物性乳酸菌サプリを利用して、日々の健康増進に努めてください。

nyuusannkinnrank

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です